×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


青森運転所 12系"ふれあいみちのく"




1986年7月、12系客車をベースに土崎・郡山工場で改造されたお座敷和式客車です。 両端に展望室があり、各車両に東北地方北部の観光地の名称が与えられ、当時、盛岡客車区に所属していたことから、ファンの間では「モカ座」と呼び親しまれていました。
同年8月23日に営業運転を開始し、東北地区をメインに全国各地を駆け回りましたが、2002年5月、急行「惜別ふれあいみちのく」号で正式に引退しました。
模型はあまり細部にはこだわらず、KATOの12系をベースに再現しています。





前面 向って左が824で右が823です。823はずっと機関車と連結される車にしたのでsinkyoカプラーにしました(愛称窓やテールライトレンズが入っていないのもそのため…)。 肝心の展望室部分は、ペアーハンズの「ふれあいみちのく展望室パーツセット」を使用しました。
窓は一つ一つプラバンから切り出したものをはめ込みましたが…出来が。。





側面
スロフ12 823
オロ12 845
オロ12 846
オロ12 847
オロ12 848
スロフ12 824
障子はタックテープで表現。展望室の窓はサッシをヤスリで削り、コンパウンドで仕上げました。
また中間車は全部同じように見えますが、848のみ向きが逆になってます。窓埋めする際には注意が必要です。





妻板など 普通は妻板までラインは入らないのですが、なぜか入っています(もちろん実車も)。
スロフはデフォでは幌がついてなかったので、オロについているものと同じものを取り付け。

また、屋根上のベンチレータは実車では一部撤去されている筈ですが、今回は一切いじってません。





参考文献
鉄道模型趣味1991年2月号





戻る

Lastupdata 2008-11-1

Copyright (C) 2008 さるぴお All Rights Reserved